toggle
2018-05-25

永代経法要(平成30年5月24日)

5月24日、日馬章詔先生を布教師にお迎えし、平成30年の「永代経(えいたいきょう)法要」をお勤めしました。

雨の予報が少しずれ心地よい晴れ間の中、ご参詣の皆さんと聞法(もんぽう)のひと時を味わいました。

永代経とは永代供養ではなく永代読経を願いとしています。それは、これからも永い時間(永代)に渡って、仏様の教えを聴き続ける(読経)場としてお寺を開き続けて欲しいという願いが込められています。

「私は大丈夫」と思い込んで座り込む私に、「あなたは本当に大丈夫なのですか?」という問いが呼びかけ続けられています。仏様の教えである法を聞く(聞法)ということは、「これで良し」と目をつむり耳をふさぎ続ける私の姿に気付かされ出会い続ける歩みだと思います。9F483F75-8CE6-478D-9B58-869DD7751D38

バックナンバー
関連記事