toggle

よくある質問

よくお問い合せをいただくご質問をまとめました。

法要や月参りを頼むにはどうしたらよいですか?

勝光寺の檀家(浄土真宗では門徒(もんと)と呼びます)になっていただく必要があります。檀家になると「勝光寺維持費(年額24,000円)」をご負担いただきます。合葬墓または納骨堂をご利用の方には「納骨堂管理費(年額2,000円)」も合わせてご負担いただきます。
法要(年忌)はお寺でもご自宅でもお勤めすることが出来ます。
また、月参りに回ることが出来る地域は、伊達市、室蘭市、登別市、白老町、苫小牧市です。札幌市もこちらの都合に合わせていただきながら月に2回ほど回っています。

合葬墓とは何ですか?

合葬墓(がっそうぼ)とは家のお墓や納骨堂にお骨を納骨するのではなく、皆が一緒に入ることが出来る「大きなお墓(納骨堂)」です。
勝光寺では現在、納骨堂正面に御安置しているご本尊(阿弥陀如来)の下空間に合葬墓を設置しています。
2年後の着工を目標に、既に取得済の3,000坪の移転用地(元室蘭市の公設グラウンド)に「樹木合葬墓」を新設します。

下記のページもご覧ください。
合葬墓の紹介

合葬墓は檀家でなくても、または宗派が違っても頼めますか?

合葬墓のお申し込みには2通りの選択方法ががあります。

(1)合葬墓のお申し込みと同時に勝光寺の檀家(門徒)になる
   合葬費用は5万円
   年額24,000円の「勝光寺維持費」と
   年額2,000円の「納骨堂管理費」を毎年ご負担いただきます。

(2)合葬墓への納骨のみ
   合葬費用は20万円
   「勝光寺維持費」「納骨堂管理費」のご負担はありません。
   檀家(門徒)登録は行いませんので、
   月参りや年忌をお受けすることは出来ません。

いずれの場合でもお骨は無期限でお預かりします。
ご法名をいただいていない場合はこちらでお付けいたします。費用はかかりません。

ペットが亡くなりました。どうすれば良いですか?

火葬のお手配などはご当家でお願いします。
火葬後のお骨に関しては「勝光寺エコヴィレッジ」敷地内に新設予定の「小さな家族(ペット)向け合葬墓」でお預かりします。現在は納骨のお申し込みのみお受けしております。合葬費用は1体2万円です。

下記のページもご覧ください。
ペットの供養

寺子屋とは何ですか?何を学べますか?

昔はお寺が教育の現場でした。
時代は移り、教育の現場は学校がその役割を担っています。しかし、教育というものは何も学校でだけ身につくというものではありません。家庭の中で、地域の中で、様々な人との関わり合いの中で、私たちは大切なことを学んでいきます。子供から大人まで、学ぶことに年齢の制限はありません。
勝光寺では寺子屋文化教育として様々な人が学べる場をお寺で開いていきます。子育て支援の場として、ワークショップの場として、地域にとって大切な居場所の一つになるような取り組みを進めていきます。

下記のページもご覧ください。
寺子屋の案内

勝光寺が目指すところは?

お寺という空間を通して、人と人とがかかわり合う地域(コミュニティー)の形成です。
少しの不便をとっても楽しく感じられるようなライフスタイルを通して
「生まれてきてよかった」
と感じられるような居場所作りをしていきます。